新築一戸建てのよくある後悔とは?購入前に知っておきたい失敗例と注意点を紹介

公開日:2023/11/15
失敗

自分たちのこだわりが詰まった理想の一戸建てを建てたはずなのに、思っていたのとは違ったと後悔する方は、意外に多いものです。そんな方は、どんなところを失敗したと感じているのでしょうか。今回は、新築一戸建てに関するよくある失敗と、後悔しないためのポイントを紹介します。一戸建てを建てる予定の方はぜひ最後までご覧下さい。

新築一戸建ての「間取り選び」でよくある失敗と対策

一戸建てを建てるときは、工務店の方や設計士の方と相談を重ね、練り直した末に間取りを考えているはずです。しかし、いざ住んでみると「使いにくい、動線が悪い」と後悔することが多いのです。家の場所ごとに具体的に見てみましょう。

キッチン

キッチンに関する後悔には、次のようなものがあります。

・アイランドキッチンやオープンキッチンにしたけれど臭いが部屋に広がる、油で部屋が汚れる

・キッチンが狭かった

・動線が悪い

キッチンの間取りは、実際に家事をしてみないとわからない点が多くあります。キッチンはなんといっても使い心地と動線が重要ですので、収納場所も含めて、ストレスのない動きができるかをしっかりと検討しましょう。

リビング

リビングについての後悔は

・もう少し広くしておけばよかった

・玄関から丸見えなので来客時に困る

・吹き抜けにしたために光熱費が高くなった

・日当たりが良すぎて暑い、紫外線が強い

などがあります。リビングは、家族みんながくつろぐ場所ですから、人数に合わせた広さと快適な温度が保てる間取りにすることが重要です。

水周り

お風呂場・洗面所・トイレに関する後悔には次のようなものがあります。

・リビングに接した洗面所なので、丸見えになる

・玄関のすぐ近くにトイレを設置したため、来客時に音やにおいが気になる

・トイレに窓を作らなかったので、湿気がこもる

・狭すぎて、掃除がしにくい

・水回りが寝室に近く夜中に水の音がうるさい

朝の時間などは、家族が一斉に使用することもあるため、水周りは動線をよく考える必要があります。また、将来的に介護の必要性も考えるなら、お風呂場やトイレのスペースは十分に取っておきましょう。

その他の失敗

その他には、玄関についての後悔として

・見せる収納をしてみたら、靴の匂いが玄関に籠ってしまった

・下駄箱が小さくて靴が入りきらない

・収納が少なすぎた

寝室に関する後悔は、

・狭すぎる

・明るすぎてリラックスできない

子ども部屋に関する後悔には、

・リビングの上に子ども部屋を作ったために、子どものどたばたという音がうるさいという

などがあります。

間取りを決める際には、家族の人数と生活リズムを考えた位置取りや広さを決めることが大切です。

新築一戸建ての「設備選び」でよくある失敗と対策

設備で最も多い後悔は、コンセントだと言われています。

コンセントの失敗

電子レンジや冷蔵庫など、電化製品をよく使うキッチンでは、コンセントの位置をよく考えておかないと、使い勝手が悪くなってしまいます。実際に使ってみて初めて、ここにあれば良かったという場合も多いので、家事動線と電化製品の配置をしっかりとシュミレーションすることが重要です。

リビングではテレビの置き場所やパソコン・スマートフォンの充電場所などについても、よく考えてからコンセントの位置を決めましょう。

窓に関する失敗

日当たりが良くなるようにと、窓を多めに作ったり、掃き出し窓(床面近くまで開口している窓)を設置した場合、窓の方角によっては、直射日光が入り過ぎて、暑すぎたり、まぶしすぎたり、隣家の視線が気になったりという失敗があります。

窓を設置するときには、方角や隣・道路側の視線に気を付けることが大切です。

水回りの設備に関する失敗

キッチンでは、流しや作業台の高さが自分の身長にあっていないため、使いづらいという失敗がよく聞かれます。その他、収納を多めに作ったけれど、出し入れがしにくかった、高いところに作ってしまったために結局使わなかったなどの後悔もありました。

また、お風呂場に、乾燥機能やテレビを設置する方もいますが、これも思っていたほど使うことが無くて、無駄になったという意見をよく聞きます。便利な設備は、ついついどれも取り入れたくなりますが、本当に必要な物かどうかをよく考えることが重要です。

壁紙・外壁の失敗

外壁や壁紙が、見本で見たのとイメージが違い過ぎたという失敗もよくあります。簡単に塗り替えたり、張替えたりはできない部分ですので、モデルハウスやパソコンによるシュミレーションで確認する、専門家のアドバイスをもらうなど、出来るだけ実際の部屋の様子を想像しながら、決めるようにしましょう。

外壁については、あまりコストを下げると、耐久性が下がってメンテナンス費用がかさむ場合がありますので気をつけてください。

新築一戸建ての「立地選び」でよくある失敗と対策

土地の選び方を間違えると、暮らしのなかで常にストレスを感じてしまうことになりかねません。

通勤時間・駅までの距離

「環境が良く、日当たりも良好、でも駅までの道のりが少し遠いかな…でも大丈夫」そう思っていたけれど、毎日の通勤が辛い、買い物が大変だという後悔がよく聞かれます。また、坂道が多い立地や駅や商店街・スーパーへの道に階段が多いなどによる後悔も少なくありません。

子供にとっての環境

子供がいる場合は、通学路が危険なため毎日送り迎えをしなくてはならない、小学校までが遠すぎた、などの後悔があります。保育園・幼稚園、小学校、中学校までの距離や通学路の安全性、病院がどこにあるかなどもしっかりと確認しておくべきポイントです。

また、昼と夜とでは環境が変わる場所もあります。気に入った土地を見つけたときには、朝昼夜、平日と休日など、時間帯や曜日を変えて、環境を確認しましょう。

まとめ

一戸建てを建てることは、一生に一度あるかないかの大きな夢です。夢の実現を目の前にすると、ついついあれもこれもと欲張って余計な設備を作ったり、少々の難なら大丈夫だと思ったりしがちです。

しかし、ほんの少しの不安も毎日生活するなかで、大きなストレスになる可能性もあります。これから一生住み続ける我が家が、住みにくく、使いにくい、リラックスできない空間にならないよう、この記事が参考になることを願っています。プロのアドバイスももらいながら、ぜひ素敵なマイホームを建ててください。

宝塚市で新築一戸建ての購入におすすめな住宅会社ランキング5選!

雲雀丘ビルダー販売の画像
雲雀丘ビルダー販売
アイ工務店の画像
アイ工務店
フリーダムアーキテクツの画像
フリーダムアーキテクツ
モレスの画像
モレス
D's styleの画像
D’S STYLE

宝塚市で新築一戸建て購入に
おすすめの住宅会社比較表

イメージ
住宅会社名雲雀丘ビルダー販売アイ工務店フリーダムアーキテクツモレスD'S STYLE
特徴宝塚、川西エリアに密着した建築家に設計してもらえる工務店初期保証20年のアフターサポート体制が充実している全国展開型の工務店関東や関西などでデザイン性に優れた家づくりを行っている設計事務所フルオーダーの完全自由設計により世界一の家を再現!アフターサービスも充実個性豊かな新築一戸建てを再現!風と光を感じられる住み心地のよさも魅力
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら